ちっぽけな勇気

私が内科だけで転職を続けて年収をアップさせられたのは、少しずつ異なるスキルを身につけて経験を積んできたからでした。はじめは、食道や胃、少しずつ大腸や小腸も専門的に見れるようにしていき、最終的には肝臓や腎臓、心臓の異常まで見られるようにしていきました。その過程で内臓系の症状が原因で現れる皮膚の症状も学び、感染症や外的要因による皮膚の症状も学んだため、皮膚科の施術もできるようになりました。また、スポーツ医学の観点からも栄養サポートや体調管理を任されたこともあり、かなり総合的に内科を中心にした治療ができるようになりました。やみくもに転職をしたわけではなく、それぞれの権威といわれる医師がいる病院に転職...