銀行での借入について

新入社員の頃、初任給だけではアパートの家賃と生活費だけで給料はほぼなくなっていました。しかし社会人になると付き合いで飲みに行くこともあり、そんなときに銀行で借入をしました。銀行での借入方法は、銀行のキャッシュカードを利用してのキャッシングでした。元々その銀行に口座があり、給料の振込先にしていたので審査も比較的簡単に通り、借入できました。

 

キャッシュなので一度審査に通れば、限度額の範囲なら繰り返し借入ができるので、給料だけでは厳しい月は利用しました。返済は口座から自動で引き落としなので、給料からそのまま返済していました。返済をきちんとしていれば利用も続けられるので、ボーナスや給料が上がって、生活がそこまで大変でなくなるまで利用しました。

 

審査を行う時に、奨学金の借入があったのですが大丈夫でした。大学を卒業したばかりで、奨学金の返済金額は200万円位ありました。ただ申し込んだ限度額もかなり少ない金額でした。毎月足りない分だけ借りたかったのと、あまり大きな限度額が社会に出たばかりの私には恐かったからです。現在は全て返済して利用はしていませんが、キャッシングもできるキャッシュカードはそのまま預入や引出しに利用しています。